費用を知った上で任意整理を行う【借金返済の負担を軽減】

弁護士と司法書士違い

法律書

司法書士が安価で依頼

借金の返済が厳しい状況で、相談する先となると法律の専門家である弁護士または司法書士になります。どちらいに依頼してもよいのですが、行える業務の範囲と費用で弁護士と司法書士を比較すると差があるのです。弁護士に依頼した方が減額金額が大きい、司法書士は少ないということではなく、それは弁護士・司法書士に限らずその方の力量によるのですが、最大の違いは取り扱いができる債権額の範囲です。司法書士は、1社140万円以下の債権しか取り扱うことができないのです。弁護士は取り扱える金額に制限はないです。そのため140万円を超えないならどちらに依頼をしてもよいのです。債務額が大きい場合には弁護士になります。そして、債務整理には任意整理以外にも個人再生や自己破産があります。司法書士に依頼すると任意整理は代理人となることができますが、個人再生や自己破産は裁判所での代理人となることができないのです。司法書士に個人再生また自己破産を依頼すると書類作成は手伝ってくれますが、裁判所出廷は自分で行う必要があります。これんら弁護士に依頼した方がすべての法律案件に対応しているので良いとなりますが、費用に関しては任意整理であれば司法書士に依頼をしたほうが安い費用で依頼できるのです。借入金額が140万円以下で任意整理を検討している人であれば、弁護士よりも司法書士の方が安価な費用で手続きができます。しかし、過払い金が発生していないと任意整理をしても減額効果が無く、他の債務整理を検討することになるので、まずは無料相談を活用してどういった方法が良いか相談してみることです。

Copyright© 2018 費用を知った上で任意整理を行う【借金返済の負担を軽減】 All Rights Reserved.